FP3級過去問題 2010年5月学科試験 問60

問60

相続税の財産評価上、同族株主以外の株主等が取得した取引相場のない株式の評価は、原則として特例的評価方式である()による。
  1. 純資産価額方式
  2. 配当還元方式
  3. 類似業種比準方式

正解 2

解説

取引相場のない株式の評価額の決定方式として以下の3種類があります。
類似業種比準方式
事業内容が類似する上場企業の業種の株価をもとに評価する方式で、原則として大会社に適用される。
●1株当たりの配当金額、年利益金額、純資産価額の3要素を比較し算出する
純資産価額方式
課税時期における相続税評価額による純資産価額をもとに評価する方式で、原則として小会社に適用される。
●純資産価額から法人税等相当額を差し引いて算出する
配当還元方式
配当実績をもとに評価する特例的な方式
●過去2年間の配当平均額を一定の利率(10%)で還元して算出する
このうち、「類似業種比準方式」と「純資産価額方式」は原則的評価方式、「配当還元方式」は特例的評価方式です。したがって[2]が正解です。

この問題と同一または同等の問題