FP3級過去問題 2010年5月学科試験 問2

問2

資本回収係数は、現在保有している資金(元金)を一定の利率によって複利運用しながら毎年一定金額を一定の期間にわたり取り崩していくときの、毎年の取崩し金額を計算する際に利用することができる。

正解 

解説

資本回収係数は、現在の原資を運用しながらn年間で取り崩していった場合の毎年の受取額を求める係数です。住宅ローンなどの借金の返済金額を求めるために利用できます。
したがって記述は[適切]です。