FP3級過去問題 2008年9月学科試験 問23

問23

個人が、平成20年中に住宅以外の土地・家屋(店舗・事務所等)を取得した場合、当該取得者に課される不動産取得税の標準税率は、土地・家屋ともに3%とされている。

正解 ×

解説

購入、新築、増改築、贈与、交換により土地や建物を取得したときには、取得した人に対して不動産取得税がかかります。不動産取得税率は、原則4%ですが、平成30年3月31までに取得した土地および住宅用家屋については3%とする特例が適用されます。

設問のケースでは、土地については3%ですが、住宅以外の家屋については4%で計算されます。したがって記述は[誤り]です。