相続と保険の活用 (全1問中1問目)

No.1

被相続人の遺産が主に不動産である場合、相続人が支払うべき相続税の納付が困難になる可能性がある。そのための対策として、被相続人の死亡により相続人に保険金が支払われる生命保険に加入することは、納税資金対策の1つになりうる。
2008年9月試験 問29

正解 

問題難易度
84.3%
×15.7%

解説

遺産の大部分が不動産である場合、相続した現預金よりも相続税額が多くなり、相続税の納付に際して土地を売却しなければならない事態に陥る可能性があります。被相続人を被保険者、保険金受取人を相続人とした生命保険に加入しておけば、死亡保険金の非課税枠を活かしながら特定の相続人に納税資金を残せます。

したがって記述は[適切]です。