相続と法律 (全130問中127問目)

No.127

相続人が、配偶者と兄である場合、それぞれの法定相続分は、配偶者が()、兄が()となる。
  1. ① 2分の1  ② 2分の1
  2. ① 3分の2  ② 3分の1
  3. ① 4分の3  ② 4分の1
2008年9月試験 問58

正解 3

問題難易度
肢112.5%
肢214.4%
肢373.1%

解説

法定相続分とは民法の規定による相続割合のことで、遺言や遺産分割がなかったときに適用される各相続人の取り分になります。

法定相続分は、法定相続人の組合せにより以下のように定められています。子、直系尊属、兄弟姉妹がそれぞれ2人以上いるときは、原則としてその中で均等に分けます。
設問のケースは「配偶者と兄弟姉妹」に該当するので、法定相続分は、配偶者:4分の3、兄:4分の1 になります。したがって[3]の組合せが適切です。