贈与と税金 (全73問中67問目)

No.67

個人間で行われた贈与において、贈与を受けた財産の価額が、贈与税の基礎控除額である()を超えるときは、贈与を受けた者は、定められた期限までに一定の事項を記載した贈与税の申告書を提出しなければならない。
  1. 60万円
  2. 110万円
  3. 500万円
出典:2009年9月試験 問59

正解 2

解説

贈与税の暦年課税は、1年間に贈与を受けた財産の価額の合計額を基に贈与税額を計算する方式です。その財産の価額の合計額が基礎控除額(110万円)を超える場合には、贈与税の申告をする必要があります。

したがって()には110万円が入ります。